イントラ多言語化で社員エンゲージメント向上

~ サイト翻訳は経営課題に ~

KouhouKaigi-E-book-40_LP

雑誌『広報会議』の連載記事「サイト翻訳入門」より。
日本企業の海外現地法人で働く従業員数はいまや500万人を超え、日本国内の外国人労働者数も約170万人となっています。貴社のイントラネットは、社員の多様性を尊重して発信できていますか?
本資料は、イントラネットの多言語化により、すべての社員にリアルタイムに等しく情報を届けるためのポイントをご紹介します。

■この資料でわかること
・イントラネット多言語化における、よくある課題とは?
・実際にイントラネットを多言語化した企業の声
・サイトの多言語化を加速する方法

■こんな方におすすめ
・イントラネットを構築・運営している
・グローバルの社員エンゲージメントに携わっている
・英語サイトでは限られた情報発信しかできていない