自治体公共サービスの情報を多言語化

~ 在留外国人の利便性向上を ~

KouhouKaigi-E-book-43_LP (2)

雑誌『広報会議』の連載記事「サイト翻訳入門」より。
コロナ禍以降、社会では急速にデジタル化が進み、その流れは自治体も例外ではありません。そして在留外国人が280万人にものぼる昨今、多様な住民への配慮が求められます。

本資料では、生活に密着した情報や緊急性の高い公共サービスを提供する自治体 Web サイトにおける多言語化のポイントをご紹介します。

■この資料でわかること
・自治体サイトを多言語化する際のポイント
・誤情報を防ぐための翻訳手段使い分け
・在留外国人ふるさと納税利用有無の調査結果

■こんな方におすすめ
・自治体サイトの多言語対応を検討・推進している
・外国人住民の利便性向上を強化したい方
・地域の魅力を外国人にも情報発信したい方