在留外国人が生活サービスに
加入する際の情報源と言語について
~300人へのアンケート結果~

no13_lp01
no13_sample (1)

日本では、約280万人もの在留外国人が暮らしています。そんな人々が銀行や保険などに加入する際、どのように情報を得ているのか気になったことはありませんか?
本レポートでは、在留外国人が生活サービスに加入する際の情報源と言語について、7つの分野を対象に調査した結果をご紹介。新たな商機が見つかるかもしれません。

■この資料でわかること
・在留外国人がサービスに加入する際の情報源と決め手
・在留外国人がサービスに加入していない理由
・日本語レベルに応じた在留外国人の困りごとの違い

■こんな方におすすめ
・銀行、保険、携帯、賃貸、電力、ガス業界の関係者
・国内でのビジネス拡大を目指している
・在留外国人の困りごとを知りたい