globalized2_no7_202310_web_banner_pc_1280x90-1

公開日:

海外からのアクセスは25%増加。WOVN.io は、コメ兵の EC サイトをスピーディに多言語対応できるベストソリューションだった

casestudy-kv-komehyo

課題

  • 日本語のみでの情報発信であったため、外国人のお客様の利便性向上のため、多言語対応したかった

  • 1日あたり1,000ページほど商品追加のある EC サイトをタイムリーに多言語対応することは、リソースを鑑みても非常に困難だった

  • 多言語で同時に商品情報を発信できる EC サイトを構築したかった

  • 海外 SEO を意識したサイト運用を行いたかった

解決策

  • 国際特許を保有の「未翻訳箇所の自動検知・自動翻訳」で、大幅な情報更新が日々されるサイトであっても、タイムリーに多言語で情報を発信できる WOVN.io を導入

  • 標準で豊富な機能を備えている WOVN.io を導入することで、理想とする EC サイトの構築が可能に

  • 万全な海外 SEO 対策が可能

効果

  • WOVN.io 導入後、海外からのサイトアクセスは25%増加

  • 海外 SEO 対策の効果を実感

  • 運用における WOVN のサポート力や提案力を評価

日本最大級のリユースデパートを展開するコメ兵。国内外にいる、日本語を第一言語としない方々にも積極的にアプローチするべく、EC サイト「KOMEHYO ONLINE」に WOVN.io を導入し多言語対応を行いました。日々1,000ページほどの更新が発生する EC サイトをスピーディに多言語対応するには、“WOVN.io がベストソリューションだった”というお話をお伺いしました。

目次>
  1. 「モノを大切にする国」だからこそ、海外からコメ兵でリユース品を購入する外国人客が増加
  2. 外国人のお客様対応として、実店舗と EC サイトの連携が取れていなかった
  3. 多言語対応に時間がかかってしまっては、サイトを多言語対応する意味がない
  4. 海外からのサイトアクセスは25%増加。WOVN.io は、サイト多言語化のベストソリューションだった
  5. EC サイト多言語対応に適した機能を標準で装備、サポート力や提案力も含め WOVN.io 導入効果を実感

「モノを大切にする国」だからこそ、海外からコメ兵でリユース品を購入する外国人客が増加

地域によって差はありますが、店舗を利用されるインバウンドのお客様は徐々に増えています。中には売上の7割以上がインバウンドのお客様という店舗もございます。国別に見てみますと、全般的にはアジア圏、渋谷店では他店と比較すると北米の方が多く来店されています。中国の SNS では、日本に行くべき理由などのまとめ記事の中でリユース商品の購入があげられているので、そういった口コミも来店増加に繋がっている理由だと思います。

外国人のお客様の購買傾向は、コロナ前後で大きく変化しました。コロナ前はいわゆる爆買いをされるお客様が多かったのですが、現在は自分のお目当ての商品のみを購入されるようになりました。

店頭で外国人のお客様にヒアリングしたことがあるのですが、「日本のリユース品は品質が良い」「日本はモノを大切にする国だからだろうか」というコメントを多くいただきました。いまや日本のリユース品は、一つのブランドとなっています。

外国人のお客様対応として、実店舗と EC サイトの連携が取れていなかった

外国人のお客様も多く訪れる場所ということもあり、サイト多言語対応は以前から検討していました。そんな矢先にコロナが大流行し、インバウンドのお客様が来日できなくなってしまったため、多言語対応の話は一度ストップしていました。

ですが、昨今インバウンドも復活してきましたので、
1. タビマエに EC サイト上で目当ての商品を見つける
2. サイト上から商品の取り置きを行う
3. タビナカでコメ兵の実店舗を訪れ、商品をご購入いただく
という流れを、実店舗と EC サイトで連携して作っていけたらと考えました。

そこで EC サイトへのアクセス数などを分析してみたのですが、実際に購入いただく外国人のお客様数に対して、海外からの閲覧数がとても少ないことがわかりました。せっかく EC サイトがあるにも関わらず、実店舗への誘導に全く貢献できていませんでした。大きな原因の一つは、やはり“言語対応”です。これまでは日本語のみで情報を発信していましたので、これからは外国人のお客様にも同量の情報を発信していかなければと、サイト多言語対応の検討が再度始まりました。

casestudy-insert-komehyo

多言語対応に時間がかかってしまっては、サイトを多言語対応する意味がない

EC サイトでは、1日あたり約1,000点の商品がアップされています。要するに、毎日1,000ページの多言語対応を行わなければいけないということです。このボリューム感をすべて人力翻訳で対応していくことは、正直考えられませんでした。

加えて、当社が一番実現したかったのは、“同時に多言語で情報を発信すること”でした。というのも、特に国内のお客様は、毎日新商品が掲載される時間を知っていて、新商品の掲載と同時にサイトへアクセスされます。人気商品はすぐに売り切れてしまいますので、もし多言語対応に数日〜1週間の時間がかかってしまうと、外国人のお客様は人気商品を購入する機会を得られず、多言語対応する意味がありません

当社の目的を実現できる Web サイト多言語化ソリューションを求めて色々なサービスや翻訳会社などに問い合わせました。結果、このボリューム感をスピーディに多言語対応できるサービスは、はっきり言って WOVN さん以外の選択肢はありませんでした

多言語対応の方法を模索する中で、グループ会社の KOMEHYOオークションが WOVN.io を導入したことを知りました。色々と話を聞いてみたところ、「導入してすごく良かった」と言っていたので、これはもう間違いないなと思い、当社も WOVN.io を導入することにしました。

KOMEHYOオークション様 導入事例:https://mx.wovn.io/casestudy/komehyoauction

海外からのサイトアクセスは25%増加。WOVN.io は、サイト多言語化のベストソリューションだった

WOVN.io の導入前後1ヶ月のアクセス数を比較したところ、海外からのアクセスは25%増加しました。一番アクセスが多かったのは、台湾や香港といった中国語圏ですね。加えて、東南アジアからの流入がかなり増えていることもわかりました。面白いことに、以前から SNS や広告経由でのアクセスもあったのですが、直接のサイトアクセス数も増加していました。やりたかった海外 SEO も実現できているのだと実感しています。サイト経由での商品取り置きオーダーも増えている状況です。

当社はリユース品を扱っておりますので、特に商品説明では、どの場所にどんな傷があるかをきちんと伝えなければなりません。これをすべて機械翻訳だけに任せてしまうと、意味のおかしい翻訳になってしまうことも多々あります。中国語の場合だと、このままではお客様に見せられないというレベルまで翻訳精度が悪くなってしまいます。そこで用語集機能を活用することで、固有名詞や業界特有の単語を登録できるため誤訳を防げていますし、とても便利だと感じています。

WOVN.io がなかったとしても、多言語対応は諦めてはいなかったと思います。ただ、すごく手間のかかるやり方だと思いますし、色々なサービスを複数組み合わせてやらないといけません。そう考えると、既存の日本語サイトにわずかなコードを埋め込むだけで、スピーディかつタイムリーにサイト全体を多言語対応ができる WOVN.io は、当社にとってベストソリューションでした

EC サイト多言語対応に適した機能を標準で装備、サポート力や提案力も含め WOVN.io 導入効果を実感

WOVN さんのように、あらゆる機能を標準で備えているサービスは他にはないと思います。

例えば、複数の導入方式がありますよね。通常 HTML 内にタグを埋め込むと表示の切り替えが遅くなってしまう場合もありますが、ライブラリ方式では多言語対応後も切り替えが遅くなることなく、サクサクとページを見ることができています。それに、SEO を強化したい場合にも有効なのでいいですよね。

そして「自動ページ削除機能」です。先程からお伝えしていますが、1日に1,000ページほどの追加がある一方、販売が終了した商品の掲載削除も行わなければなりません。この手間がかかる作業を自動運用できる仕組みは、特に EC サイトを運用する側にとってありがたい機能です。

サポートも充実していて、運用での困りごとをご相談すると、「じゃあこういう風にしましょう」と、すぐに解決策をご提案いただけるので、サポート力や提案力も含めて、WOVN さんを導入してよかったなと思います。

今後も多言語対応を推進して、インバウンドや海外在住の方、日本在住の方、すべての外国人のお客様の利便性を向上させながら、世界中のお客様にコメ兵というブランドを届けていきたいです。

 (取材日:2024年4月)

 

■WOVN.io を導入いただいたサービス
「KOMEHYO ONLINE」:https://komehyo.jp
対応言語:英語、繁体字、簡体字

casestudy-capture-komehyo

 

casestudy-logo-komehyo

株式会社コメ兵
https://www.komehyo.co.jp

国:日本

企業規模:1,001名〜

店舗とオンラインストア(ネット通販・宅配買取)で買取と販売を行う、日本最大級のリユースデパート。現在は、宝石・貴金属、時計、バッグ、アパレル等のファッションアイテムを中心に販売・買取りを行い、関東、東海、関西を中心に全国に店舗を展開している。リユースをより身近に、便利で、安心できるものに進化させることで、多くの方がリユースに参画できる環境づくりと、サステナブルな社会の実現を目指している。

casestudy-profile-komehyo-kai

甲斐 真司 さん

オンライン事業部 部長
趣味:サッカー、登山

導入事例集をダウンロード
導入事例一覧