更新日:

メンバーシップ NFT 販売開始に合わせ、サイトの英語対応を WOVN.io で実現

CaseStudy - KV - NOT A HOTEL

課題

  • 目前に迫っていたメンバーシップ NFT 販売開始に合わせて、とにかくスピーディなサイト英語対応が求められていた

  • サイトの英語化にあまり社内リソースを割くことができなかった

解決策

  •  スピーディに導入できる WOVN.io を導入
  • ページ追加・更新に自動翻訳&自動公開で対応できる WOVN.io を導入

結果

  • ページ追加や更新があった時も、自動でスピーディにサイトを英語化
  • エンジニアでなくても簡単に翻訳修正や更新作業を行なうことができるように

あるときは自宅、別荘、ときにはホテルにもなる。これまでになかった「あたらしい暮らし」を提供する NOT A HOTEL。2021年9⽉よりフラッグシップ物件の販売を開始し、累計60億円を超える販売を行ってきました。さらに2023年2月時点で、年内一般ゲストの宿泊予約の受付を終了するほど、これまでにないビジネスモデルと商品設計で注目を集めています。
 
今回、メンバーシップ NFT 販売開始に合わせ WOVN.io を導入し、企業サイトと物件サイトの英語対応を実施しました。スピーディかつ簡単に英語対応を実現できたことで、翻訳にかかる無駄な工数の発生を防ぎ、本当に注力すべき事業領域に社内のリソースを割くことができた、というお話を伺いました。

<目次>

これまでにない、あたらしい暮らしの体験を提供していく

冨永:
NOT A HOTEL は、あたらしい暮らしの体験を提供していくライフスタイルサービスです。2025年までに日本国内で30拠点まで増やすことを目指しています。サービスの特徴は、主に3つあります。まずは物件の購入に関してです。一棟購入だけでなく、1年のうち10日間だけ購入というように、使いたい分だけ購入が可能なこと。2つ目は、自分が購入した物件ではない NOT A HOTEL の他拠点も自宅や別荘として使用できること。3つ目は、自分が使わない時にはホテルとして物件を貸し出し、収益化が可能なことです。

昨年夏からは、毎年1日単位で利用できる宿泊権とイベント参加などの特典を合わせたメンバーシップの NFT 販売を開始いたしました。この NFT 販売こそが、今回 NOT A HOTEL の企業サイトと物件サイトを英語化するきっかけになりました。


NFT 販売は、言語・国籍関係なく誰にでも購入権利がある

大久保:
現在 NOT A HOTEL は日本国内で展開しており、オーナー様も日本国内の方を中心に想定しています。 
   
一方で、昨年から販売を開始したメンバーシップ NFT は、プラットフォームが日本固有のものではなく、 購入においても円やドルだけではなく仮想通貨も利用可能です。そのため言語や国籍を問わず多くの方に購入いただけるものになっています。
 
そこで、企業サイトと物件サイトも海外の方にとって理解しやすいものであるべきだと考え、英語化することを決めました。


とにかくスピーディに、リソースを割かずに英語対応ができる WOVN.io を導入

大久保:
日本国内で拠点とサービスの基盤を作るフェーズのため、英語対応に社内リソースを割くことが難しい状況でした。しかし先の理由から、NFT 販売開始までにはサイトの英語対応を実現したいと考え、迅速かつ容易に英語対応ができる多言語 SaaS として WOVN.io の導入を決めました。
    
実際、導入は2週間で完了し、想定通り迅速かつ容易に、英語対応が実現でき、NFT販売開始のタイミングに合いました。


サイト更新時はまず自動翻訳&自動公開。細かな翻訳修正も、WOVN.io であれば誰でも簡単に作業しやすい

大久保:
サイト内には多くの動的コンテンツがありますが、WOVN.io を使用すると自動翻訳・公開が可能で非常に魅力的でした。言語切り替え時に JavaScript や CSS を変換できるなど、高度な機能が実用的に使えることが可能なのが興味深かったですし、おかげでサイト全体を包括的に英語化できたと思います。
 
運用も非常に簡単です。ページ追加やコンテンツの更新が隔週で行われますが、基本的には WOVN.io の自動翻訳で運用しているため、運用リソースの負担はほとんどありません。

冨永:
WOVN.io 導入時は私がメインで作業をしました。私自身はエンジニアでもないですし、コードにも詳しくないのですが、基本的な導入作業は簡単に行うことができました。わからない部分があった際も WOVN のカスタマーチームの方にサポートいただけてとても助かりました。
 
現在も英語サイトの更新担当がいるわけではありません。更新があった時に手が空いているスタッフが対応するという形なので、WOVN.io は誰でも簡単に作業することができることが魅力的だと実感しました。

状況に応じて優先順位を組み替えていく、WOVN.io は会社の方針にも適応できるサービスだった

大久保:
今後コロナ収束に伴い、インバウンド対応が増えると予想されます。サイト英語対応を含め外国人オーナー様が増えることも期待していますが、まずは既存オーナー様へのサービス提供を最優先に考えています。
 
一方で、NOT A HOTEL は柔軟性があり、状況に応じて具体的な施策の優先順位を素早く組み替える会社です。英語対応も NFT 販売が決まり急務と考え、速やかに対応しました。WOVN.io はこのような会社の動きに適応できるサービスだと感じています。

(取材日:2023年2月)

■ WOVN.io を導入いただいた Web サイト

「NOT A HOTEL」企業サイト
URL:https://notahotel.com
※外部サイトへ移動します

case study_not a hotel

「NOT A HOTEL」物件サイト
URL:https://shop.notahotel.com

※外部サイトへ移動します

Case Study_NOT A HOTEL-2

 

導入事例 - NOT A HOTEL 

NOT A HOTEL株式会社

https://notahotel.com

国: 日本

企業規模:〜300名

新しい家の持ち方を実現する Proptech スタートアップ。自宅や別荘のように資産として保有でき、相互利用可能な物件を年10日単位からシェア購入できるプラットフォームを提供。2021年5月には NOT A HOTEL を中心としたホテルの運営・マネジメントを担う合弁会社「NOT A HOTEL MANAGEMENT株式会社」を設立し、ソフトウェアとホテル運営を合わせたサービスの開発を推進している。

NOT A HOTEL_okubo 

大久保 貴之 さん

取締役 CTO
趣味:登山

 

NOT A HOTEL_tominaga 

冨永 麻美さん

コーポレート
HR / PR
趣味:料理、散歩、旅行

 

導入事例集をダウンロード
導入事例一覧