globalized2_no7_202310_web_banner_pc_1280x90-1

コンテンツ自動検知

日・米・シンガポール・中国・香港で国際特許を取得している WOVN の独自技術です。
自動でコンテンツの更新や追加を検知、漏れのない
多言語展開を可能にします。

企業の多言語化戦略を妨げている要因


1. グローバル化・IT 化が進む中、日々の情報量は圧倒的に多くなり、スピードも求められる
2. 人力翻訳だけでの運用は「スピード」や「大量コンテンツ」に対応するのが困難または多額の費用がかかる
3. 機械翻訳だけでの運用は「翻訳品質」に安心できない
4. 英語サイトを個別に構築して日本語サイトとは異なる運用を行うなど、運用面での負担となっているケースも多い

Color - Light 1

コンテンツ自動検知で解消できる課題

  • 常に更新するコンテンツの管理をしなければならないため、リソースがかかり過ぎてしまう
  • 動的ページの翻訳ができず、コンバージョンに近いページでの離脱率が高い

4つの活用メリット


product_detail_automatic detection_UX

出典 : CSA Research, “Can’t Read, Won’t Buy ‒ B2C,” 2020

1. 動的ページの翻訳による UX の改善

例えば EC サイトの場合、カートや購入結果確認ページは動的に生成されることが多く、翻訳されてないページがあるとユーザーの離脱に繋がります。動的ページも多言語化することで、コンバージョンに近いユーザーに最適な UX を提供することが可能です。

2. 翻訳漏れによる機会損失の低減

日々高頻度で大量に更新されるインターネット上のデータを、人力で抜け漏れなく更新し続けるには限界があります。自動検知機能があれば、翻訳が反映されていないコンテンツを自動で収集し、管理画面で確認することができます。

01-03-iMac_Train-Map-2-Screen
product_detail_automatic detection_miss translation
Automatic-Detection

3. 管理工数の大幅削減

毎日新規ページが作成されたり、頻繁に更新があったりする Web サイトを運用している場合、すべてのページで翻訳漏れがないかを確認するには、現実的ではない管理工数が必要になります。それらを自動で管理し自動翻訳を行うことが可能になるため、管理工数の大幅削減を実現できます。

01-03-iMac_Train-Map-2-Screen

4. シンプルで負担の少ない運用

同一の Web サイトやアプリの運用を WOVN.io で多言語化することで、言語数やコンテンツ数が増えたとしても、負担の少ない運用体制を構築することが可能です。翻訳関連業務にかかる工数を最大で90%まで削減可能です

01-05-Library-800x470

※2022年2月現在、WOVN.io の一部お客様の実績

Frame 46 (1)

コンテンツ自動検知の仕組み


未翻訳箇所が自動で検出され、WOVN のサーバーと直接通信し翻訳情報を取得します。
これにより、お客様の Web サイトが常時監視状態となり、動的サイトであっても翻訳が反映できるようになります。

product_detail_automatic detection_system

多くの企業で日々グローバルビジネスが成長しています


グローバルレベルでのビジネスを実現しませんか?

WOVN.io があなたの多言語化をお手伝いいたします。お困りの場合はお気軽にご相談ください。

03-6434-0246
(土日祝を除く平日10:00~18:00)

 

無料デモ相談 ▶