多言語 SEO でグローバル検索ユーザーにリーチ

グローバル認知度の向上、越境 EC の売上向上など、多言語 SEO で実現。面倒な設定などはすべて自動対応

多言語化 SEO を実現する6つの仕組み


膨大な工数のかかる設定を自動化することで、大幅に運用工数を削減。

各言語 URL の発行


Web サイトが多言語 SEO に対応するためには言語ごとの URL が必要です。WOVN では言語ごとの URL をサブドメイン方式、サブディレクトリ方式で簡単に生成することが可能です。

meta タグなどの翻訳


WOVN は、Web サイト上の目に見えるコンテンツ以外にも、meta タグや画像の alt 属性、構造化マークアップなど SEO 対策を行う上で非常に重要となる箇所の翻訳も自動で行います。これにより、検索エンジンが、より詳細に貴社の Web サイトを理解できるようになります。

サーバーサイド翻訳


WOVN のいくつかの導入方式では、Web サイトをサーバーサイドで翻訳します。Google はサーバーサイドでの翻訳を推奨しており、Google の検索エンジンによりインデックスされやすくなります。

hreflang タグの自動生成


検索エンジンがウェブページの言語を理解し、他にどのような言語ページがあるのかを把握するためには hreflang タグの設定が必要です。WOVN では、自動で契約言語ごとの hreflang タグを自動で追加いたします。


XML サイトマップは、検索エンジンに web サイトのページ情報や各ファイルを伝えることができるファイルです。このファイルを読み取ることで、ページをより早く認識させたり、Web サイトの奥深い場所までクロールさせることができます。WOVN ではサイトマップに Hreflang を付与することも可能です。


サイト上のクロールされたくないコンテンツを制御することが可能です。不要なページのクロールは品質を下げる場合もあります。
また、サイトマップがどこにあるかを知らせることができ、クローラーの効率化が図れます。

多言語 SEO を最大化させるために


運用工数を大幅に削減することで、SEO 効果を最大化させるための時間を確保できます。

狙いたい多言語検索キーワードの精査


多言語 SEO の場合も通常の SEO 対策と同様に、各言語・各地域において狙いたい検索ワードを精査し、検索ワードに該当するコンテンツ戦略を構築する必要があります。

適切なワーディングでの翻訳


適切なキーワード選定・コンテンツ戦略に基づき、ただ翻訳するだけではなく、ターゲットユーザーが理解しやすいように"適切に"翻訳する必要がございます。その場合、WOVN の人力翻訳サービスも活用いただけます。


alt 属性は、目が不自由な方のためのスクリーンリーダーで読み上げる際にも使われるので、基本的には設定しなければいけません。ただ、背景画像などコンテンツとして意味を持っていない画像の場合は空白で問題ありません。


SEO では、コンテンツのリライトを行い、最新情報を届けることも重要視されています。WOVN では、コンテンツ更新を自動で検知し、翻訳公開まで行います。

ユーザーが検索した際に、「求めていた情報がありそう」と思われるようなキャッチーなタイトルをつけることが理想です。すべてのページでそれぞれに適切なタイトルを設定することが重要です。

多くの企業で日々グローバルビジネスが成長しています


グローバルレベルでのビジネスを実現しませんか?

WOVN.io があなたの多言語化をお手伝いいたします。お困りの場合はお気軽にご相談ください。

03-6434-0246
(土日祝を除く平日10:00~18:00)

 

無料デモ相談 ▶