WordPress で運用するサイトを翻訳する方法とは?翻訳時の注意点も解説

Image of WOVN.io Marketing Team
WOVN.io Marketing Team

海外市場への進出に向けて自社 Web サイトを翻訳して海外に発信する企業が増えてきています。Web サイト経由で海外現地とやりとりする場合は、駐在員の派遣・事務所の設立が不要なため、Web サイトの翻訳は海外進出の第一歩として始めやすいです。
今後も自社 Web サイトを翻訳して、外国人ユーザーを取り込む動きはさらに広がっていくでしょう。しかし、自社に適した翻訳方法を知らなければ、スムーズな Web サイト翻訳は難しいです。そこで本記事では WordPress を使って Web サイトを運用している企業に向けて、翻訳方法を紹介します。

WordPress で構築した Web サイトを翻訳する方法

自社 Web サイトの作成に、WordPress を利用している企業は多い(※)です。WordPress の内容を翻訳する方法はいくつかあるので、以下で詳細を解説します。

※参照元: W3Techs 「Usage statistics of content management systems」
https://w3techs.com/technologies/overview/content_management

WordPress のマルチサイト機能を活用する

WordPress には、1つのデータベースに複数の Web サイトを作成できる「マルチサイト機能」があります。

マルチサイト機能を使えば、1つのサーバで対応したい言語の数に合わせて Web サイトをそれぞれ運営できます。ただし、サイト数が増えればサーバーに負荷がかかるため、スムーズなアクセスが難しくなる点や、言語数分のサイトの運用コストがかかる点に注意が必要です。

WordPress の翻訳プラグインを使う

WordPress には、さまざまな機能を自由に付与できる「プラグイン」が多数用意されています。プラグインは HTML などの専門知識がなくても簡単に導入できるため、エンジニアを雇わなくてもスムーズに Web サイトに機能を追加できるのが魅力です。

プラグインの中には、翻訳機能を提供するものも多数あるため、それぞれの機能やメリットを比較して導入するものを決めましょう。WordPress のプラグインには無料版と有料版があり、無料版はコストがかからない分、海外発信には必須の SEO 対応ができなかったり、機械翻訳を利用できる文字数が少ないこともあります。有料版では、翻訳に役立つさまざまな機能を活用できるため、本格的に翻訳を実施する場合にはおすすめです。

WordPress の「多言語化テーマ」を利用する

WordPress のデザインやレイアウトを変更できる「テーマ」には、多言語化を前提としたものもあります。多言語化仕様のテーマを使ってサイトを構築すれば、その後必要に応じてデザインやレイアウトを海外向けに変更可能です。

WordPress のテーマは種類ごとに機能が異なります。まずは複数のテーマを使ってみて、実際に使用した感覚や機能を参考にして、自社 Web サイトに導入するテーマを選定することがおすすめです。

国や言語に合わせて WordPress のサーバーを分ける

WordPress で構築した Web サイトの翻訳を行う方法の1つに、対象とする地域や言語に合わせて、WordPress の「ホスティングサーバー」を分ける方法があります。

自社がターゲットとする外国人ユーザーの国にサーバーを設置することで、ユーザーが Web サイトにアクセスするまでにかかる時間を短縮できるのが特徴です。

近年では実際に対象とする地域や言語ごとにサーバを設置することは少なく、CDN(コンテンツ・デリバリー・ネットワーク)サービスを活用することで、全世界のユーザーへ短いアクセス時間で、コンテンツを届けられるようになっています。

しかし、例えば、中国向けに情報発信を行う場合、グレートファイアウォールの影響もあり、CDN を活用してもアクセス時間が大きく遅延することがあります。この問題を回避するためには、中国語に翻訳した Web サイトを中国のサーバーに設置することをおすすめします。

WordPress の翻訳プラグインで翻訳をする方法

WordPress でプラグインを使用して、翻訳する方法はいくつかの種類があります。それぞれの種類の特徴を、以下で解説します。

マルチサイト型

「マルチサイト型」とは、WordPress のマルチサイト機能と同時に使用できるプラグインのことを指します。 Web サイト内におけるページの内容を各言語に紐付けて翻訳ができるため、作成した記事ごとに言語を変更可能です。

ページ単位で臨機応変な翻訳ができる一方、 Web サイトの管理が煩雑になるというデメリットがあります。

1記事複数言語型(1記事を複数の言語に展開する)

「1記事複数言語型」とは、1つのページに対して複数の言語を採用するタイプのプラグインです。全言語のページを独自タグで管理できるため、1つの管理画面内で複数言語の編集を行えます。

しかし、コンテンツ数が増えると動作が重くなる可能性があるほか、独自タグが別のプラグインに影響されるリスクが考えられるのがデメリットです。

1言語1投稿型( 1言語ごとに1記事を作成する)

「1言語1投稿型」は、1つの言語ごとに1ページずつ作成を行うプラグインです。たとえば、同じ内容の記事を公開する場合でも、英語のページ、中国語のページ、日本語のページをそれぞれ作成する形になります。

各文化に合わせた画像を設定したり、表現方法を変更したりと、言語の特徴を考慮して柔軟にコンテンツを構築できるのがメリットです。

WordPress の記事を翻訳する際によくある課題と対策

wordpress 1

WordPress の記事を翻訳する際には、よくある課題とその対策を把握しておくことがポイントです。以下の内容を参考に、翻訳時における課題と対策に関する理解を深めてください。

国や言語ごとの文化や習慣、法律や規制をきちんと調べる

Web サイトの翻訳を行う際には、その言語を使っている地域の文化や習慣、法律や規制、歴史背景を調べましょう。

単純に日本語を翻訳しただけだと、その地域の文化にふさわしくない言語表現になってしまい、不信感を与える可能性があります。翻訳後はその言語を使用している専門家や、ネイティブの方に、翻訳内容の確認を依頼することがおすすめです。

国や地域によって同じ言語でも違いがある

同じ「英語」でも、それを使用している国や地域によって差があることを理解するのも大切です。たとえば、英語には、アメリカ英語、イギリス英語、オーストラリア英語などがあり、中国語にも北京語や広東語などの種類があります。

翻訳の際にはターゲットとする国や地域を明確にして、その場所で使用されている言語に合わせて対応する必要があります。

目的や自社に適した翻訳方法を選択する

自社 Web サイトの規模や掲載している内容などによって、最適な翻訳方法は変わります。たとえば、EC サイトのように更新が多く翻訳する文字数が多い場合には、専門家に依頼するとコストがかかりすぎるため、機械翻訳を活用することをおすすめします。購入の導線や決済・利用規約にかかわる箇所は専門家に依頼することで、利用者が安心して利用できる EC サイトとなるでしょう。

コーポレートサイトのように、更新が少なく翻訳する文字数が少なく、企業ブランディングにかかわるようなメッセージが多い場合は、機械翻訳では魅力を伝えきれない場合もあるため、専門家に依頼をしましょう。

翻訳の手法や Web サイト別の具体例はの詳細については、「【具体例付き】機械翻訳と人力翻訳の意外と知らない使い分け!」をご参照ください。

まとめ

WordPress で作成した Web サイトを翻訳する際には、さまざまな方法があります。それぞれの方法にメリットと課題があるため、まずは各翻訳方法について調べると良いでしょう。

また、WordPress は、先に挙げた方法以外にも、WOVN.io などのWeb サイト多言語化ソリューションを使うことでも翻訳が可能です。日本語をリアルタイムで翻訳したり、専門家によるサポートを受けられたりといった、他にはないメリットを得られる特徴があります。この機会に特徴や導入におけるメリットを確認し、WordPress の翻訳の際には、WOVN.io の導入をぜひご検討ください。さらに詳しい Wordpress と WOVN.io との連携に関しては「WordPressインテグレーション」をご覧ください。

 

3minutes_pamphlet

ebook casestudy ebook localization_design ebook rfp requirement